1. HOME>
  2. 臼杵病院>
  3. リハビリテーションセンター

リハビリテーション

医療

リハビリテーション料施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料(入院のみ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)
 

対象

  • 脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・頭部外傷・パーキンソン病等)
  • 骨、関節疾患(靭帯・軟骨損傷・変形性関節症・関節炎等)
  • 脊柱疾患(圧迫骨折・ヘルニア・脊柱管狭窄症・急性腰痛)
  • 呼吸、嚥下障害
  • その他 糖尿病性末梢神経障害、神経筋疾患、運動器不安定症についてもご相談ください。
 

外来

リハビリテーション

当院退院後または他院にて入院加療後、術後のリハビリテーションを必要とする患者様を対象に通院しながら、日常生活動作の向上、職場復帰、スポーツ復帰などを目標にリハビリテーションを行います。

医療(病院)におけるリハビリテーションについては保険診療上の制度により実施できる回数、期間に制限が生じる場合があります。
また、介護保険認定(要介護、要支援)をお持ちの方につきましては、介護保険制度における自立支援の観点から、当院もしくは地域の介護保険下において提供できるリハビリテーションへの移行をお勧めすることがあります。

 

入院

リハビリテーション

一般病棟におけるリハビリテーション

脳血管疾患、骨折などの疾病および術後の患者様を対象とし、早期より社会復帰・在宅復帰を目指し集中的にリハビリテーションを提供します。
移動能力の獲得、排泄、入浴等退院後の生活に必要な日常生活動作の回復を図ることを目的としています。

療養病棟におけるリハビリテーション

慢性期、維持期の患者様に対し、長期安静臥床に伴う廃用症候群(関節拘縮、褥瘡、認知機能低下、体力低下、不動)を予防し、残存機能の維持、向上を目的に継続的にリハビリテーションを行います。

 

介護

リハビリテーション

訪問リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご自宅へ訪問し、実際の生活の場においてリハビリテーションを提供し、日常生活の再建、QOL※1向上を目指します。
※1…QOL:quality of life 生活の質、生命の質

短時間デイケア

リハビリテーションのみに特化し、1~2時間の中で病院のリハビリテーションセンターを利用し、運動や個別のトレーニングを実施します。
レクリエーションや、入浴サービスを必要とされない方にはおすすめです。

 

理学療法(PT)

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。 理学療法士は起きる、座る、立つ、歩くなどの基本的動作の再獲得を目指し、運動療法、物理療法を用いて基本動作の治療、指導を行う専門家です。

作業療法(OT)

当院の作業療法では、病気やけがなどにより、日常生活に支援が必要な方に対し、食べたり、入浴したりなどの日常生活の動作練習を行い、さらに、買い物や料理など生活に関連する動作の練習を行っています。また、余暇活動の提供や知的活動の提供も含め、“作業”を通してその人らしい生活が継続できるよう支援しています。

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法では、脳卒中や事故による頭部外傷、神経疾患などによって起こる失語症や構音障害、摂食・嚥下障害などの障害に対して評価・訓練を行います。また本人様・ご家族に対して必要となる助言・指導その他の援助も行い、より豊かな生活が送れるように支援します。

 

摂食嚥下機能療法とは

摂食嚥下機能療法

「摂食機能」は、食べ物を認知することから始まり、食べた物を口腔内に取りこみ、咽頭、食道を経て胃に入るまでの過程のことを言います。この過程のいずれかに異常が起こることが「摂食・嚥下障害」という疾患で、「むせる」、「飲み込みにくい」、「上手に食べられない」などの症状が現れます。しかし、疾患などで口から食事が出来なくなった患者様でも「摂食機能療法」を行うことにより、回復の可能性が見込まれます。

 

当院で摂食機能療法に関わる専門資格等

医師

内視鏡下嚥下機能検査 研修終了

歯科医師

口腔外科学会認定医

言語聴覚士

摂食・嚥下障害領域 認定言語聴覚士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
がんプロフェッショナル養成プラン終了
がんリハビリテーション研修終了

嚥下検査短期入院(二泊三日)ゴックン入院

  • 最近うまく飲み込めないなぁ・・・。
  • お茶でむせるなぁ・・・。
  • 飲み込めたのに、喉に引っかかるなぁ・・・。
  • 近ごろ、食事介助に時間かかるなぁ・・・。

ってことはありませんか?

入院中に行う事

現状の判断

  • 医師診察 ・血液検査 ・嚥下内視鏡
  • 嚥下造影検査 ・歯科検診 ・嚥下評価

など

提案

  • 誤嚥の予防方法 ・今後の栄養管理

など

指導

  • 認定リハスタッフ・看護師等が、運動方法、食事姿勢、食形態、食器の提案をアドバイスします。少しでも心配な点などありましたら、お問い合わせください。施設入所の方も、連絡いただければ一度、伺わせていただきます。
 

嚥下(のみ込み)に関するお問合せは、

0972-83-8112

臼杵病院 リハビリテーション科 担当:ひろせ

「食べる」という行為は、生命維持に必要な栄養を取り入れる、味を楽しむ、食事の場面を通じてコミュニケーションを楽しむなど、私たちの生活においてとても大きな意味を持ちます。

臼杵病院は

安全に楽しく口から食べる

を支援します。